top of page
検索
  • silayaoweb

アガパンサスが綺麗に咲いています。花言葉は、「恋の季節」だそうです。



15日程遅れてようやく梅雨入り。この季節、「恋の季節」どころではない子がいます。暑さ蒸し暑さにとても弱いのです。しかも、低気圧が居座ったままで気象病で体が痛かったり、憂鬱だったり、体に力が入らなかったり…。学校や園で、脱力状態になったり居眠りしたり。時には、学校に行けないくらい(起きたら夕方だったとか)眠り込んでしまったり。決して怠けてるわけではなくて、本人にもどうしようもないようです。あまりの辛さに体の感覚器官をシャットダウンしてしまっているのかも。叱っても、怒っても、どうにもなりません。かえって本人が自信を無くしたり、分かってもらえない経験をしてしまう可能性もあります。対応策を一緒に考えたり、お医者さんの力を借りたりしないといけない時もあるかもしれません。そして何より、保護者の方への援助が必要となります。

最新記事

すべて表示

小暑 温風至

暑さがだんだん強くなる頃だそうです。「既に激暑なんですけど」夏の熱を帯びた風が吹き始める頃だそうです。「とっくに吹いてますけど」 胡瓜が2本朝日に輝いていました。冷たい胡瓜が美味しい頃です。 ルール違反とか、正義でないとか、間違ってると思ったら、何かつい言うてしまう子がいます。その子なりの正義感からで、決して間違ったことを指摘しているわけではないのです。見過ごせないんです。どうしても。で、煩がれた

半夏生

半夏が咲く頃だそうです。この頃の雨を半夏雨といい、大雨になることがあるそうです。まさに朝からの大雨にバッタ君(キリギリス君かも)もSīlaのポストの上で雨宿り。どこから来たのか分からないけれど、雨が上がったら元気にお家に帰ってね。

Comments


bottom of page