top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

鶏始乳


雲の切れ間から綺麗な半月がクッキリと顔を覗かせていました。

自分に自信が持てない子どもがいます。「どこを探しても無いんだ」と言いつつ、自分の中に自信を探しているものです。そうして、そうこうするうちに雲の隙間から自信を見つけて大喜びします。たとえ小さな自信でも積み重ねで大きな自信になっていくことを願ってやみません。「満月に違いない」「満月でないと」という大人の理想通りではなくても、子ども一人一人の形の「月」を愛で、見つけたことを一緒に喜ぶ大人の存在が必要なのだと思うのです。

最新記事

すべて表示

七夕🎋

毎年雨で、こんなに晴れた七夕は久しぶり。天の川が氾濫しなかったので、織姫さまと彦星さまはきっと久しぶりに会えたのでしょう。 再会が苦手な子がいます。学校に行きたくない要因の一つです。忘れられてないかなぁ、この前会った時に言うたことを気にしてないかなぁ、どんな顔をしたらいいのかなぁ、何を言うたらいいのかなぁ、などなど。ある子は、お正月明けだけは大丈夫。「だって、あけましておめでとうって会った時の挨拶

小暑 温風至

暑さがだんだん強くなる頃だそうです。「既に激暑なんですけど」夏の熱を帯びた風が吹き始める頃だそうです。「とっくに吹いてますけど」 胡瓜が2本朝日に輝いていました。冷たい胡瓜が美味しい頃です。 ルール違反とか、正義でないとか、間違ってると思ったら、何かつい言うてしまう子がいます。その子なりの正義感からで、決して間違ったことを指摘しているわけではないのです。見過ごせないんです。どうしても。で、煩がれた

Comments


bottom of page