top of page
検索
  • silayaoweb

蚯蚓出


ミミズが地中から這い出してくる頃だそうですが、このところの寒さで引っ込んでしまったでしょうか。


大きなアマリリスの花が咲いていました。花言葉は「おしゃべり」だそうです。


コロナも5類になって、はや一年。学校では、マスクもしなくても良くなっているし、給食もおしゃべりができるようになりました。ますくを気にせず、おしゃべりをしながらの給食は楽しいことでしょう。その一方で、友達関係に悩む子どもが増えているとか。これまでコロナ禍で縮小されていた行事がフル開催されますね。そろそろ運動会(体育大会)の練習が始まっている学校園もあることでしょう。友達と一緒に一つのことを成すことは、とても素晴らしいことですが、その陰で友達関係が難しくなることもあります。もう何年もコロナ禍の影響で希薄な関係でだったからやれてこれたことが、いきなりガチで関わっていかないといけなくなって、とても辛い思いをしている子がいるのだと思うのです。


友達関係が難しいなぁと思ったら、相談に来てくださいね。どうしていったらいいか一緒に考えましょう。

最新記事

すべて表示

あお〜🟦

気持ちの良い青空の朝でした。いつの間にか紫陽花が咲いていました。 みんなと集まって一つの花のようになっている紫陽花。ちょっと距離を取りつつ一つの花のようになっている紫陽花。紫陽花もいろいろ。でも、たった一つの花では紫陽花にはならない… なんか人間関係みたい…なんて考えていました。 紫陽花の花言葉は「移り気」だとか。これもまた人のこころのようです。瞬間、 瞬間、変化していくこころ(自分のも、他人のも

クジャクサボテン

中学校の前にクジャクサボテンの大輪の花が咲いていましたよ。花言葉は「幸せをつかむ」だそうです。 折しも中学生と高校生の皆さんは中間試験の頃でしょうか。自分の能力(キャパ)を知ることは、とても大切なことです。無理してしんどくならないために、自分のペースを守るために、自分に合ったものごとを見極めるために、などなど。けれども、それは現実と向き合うことでもあって、とてもこころの痛みを伴うものです。ましてや

小満 蚕起桑

草木が成長して、動植物に活気が溢れる時期だそうです。ヒルザキツキミソウが咲いていました。花言葉は「無言の愛」だそうです。 子どもたちが特にグッと成長する2,3歳頃と思春期。思わず、手を出したり、口を出したりしたくなった時、とても良い方法があります。どうしたら、どう言ったらの心配もありません。「え?そんなことで」と思われがちですが。「どうしたんかなぁ」「どうするかなぁ」「どうしているのかなぁ」と興味

Comments


bottom of page