top of page
検索
  • silayaoweb

竹笋生

筍が出てくる頃だそうです。今年は、いつもより早く筍が出てきているように思っていました。この何日かは朝晩が寒くて、成長の早い筍もちょっとペースダウンでしょうか。


養育者の方々が「この子はいつになったら皆と同じことができるんだろう」とお悩みのことがあります。何年もお付き合いさせてもらっていると、ある日それこそ筍のようにヒョイと頭を出してスックと真っ直ぐ伸び始めるのを目の当たりにする経験をします。一体どの道を通って、ここにやってきたのだろうかと驚くことがあります。ウィニコットという人は、子どもの育ちの「程よい環境」の重要性を強調しています。その子に合った環境を考えて提供し続けることが、大変なんだけれど大切なんだと思うのです。

最新記事

すべて表示

秘密の紫陽花名所

人も車も自転車も通り過ぎてしまうのだけれど、毎年私だけの「紫陽花名所」。どうしてみんな通りすぎてしまうのかなぁ。街の雰囲気ともピッタリ合って、とても美しい景色です。 見つけてもらうのを待っている子がいます。お家に帰れなくなるのも、施設が変わることも、里親さんの所へ行くのも、大人が決めます。大人が、通り過ぎて、通り過ぎて、子どもは見つけてもらえていない経験をします。安全も安心も信頼もできなくて、つい

不思議な夕焼け雲

不思議な夕焼け雲を見ました。見とれていると、すーっと流れていって夕焼け雲でなくなりました。 「不思議ちゃん」と呼ばれている子がいます。そうっと観察していると、静かで誰ともぶつかったりしません。問題を起こすこともありません。なんだかどこかズレていて、それがまた少しユーモラス。けど、どこか触れられないところがあって、つかみどころがない。困りごとがあるのも分かりにくいし、その子なりに楽しんでいるのも分か

Kommentare


bottom of page