top of page
検索
  • silayaoweb

水無月 



今日からもう6月。小学校の時、担任の先生が「いっぱい雨が降るから、天の神さまの国に水が無くなってしまいそうってことで水無月」と教えてもらいました。もう一つ水無月といえば、同じ名前の京都の和菓子ですね。三角の白い外郎に小豆が乗ったお菓子です。6月30日に食べるんだそうですよ。暑気払いと悪魔払いの意味があるそうです。


ところで、6月というと雨と紫陽花ですが、紫陽花を見るたびに思います。紫陽花の種類も違うし、土の質や日や雨のの当たり具合(環境ですね)で随分と色が違うんだなぁと気が付きます。子どもたちも、元々生まれながらに持っているものもありますが、それが環境の影響によってさまざまな人格になっていきます。全体的に見ることが援助にとても大切なことなのだと、紫陽花を見ていると改めて思います。

最新記事

すべて表示

秘密の紫陽花名所

人も車も自転車も通り過ぎてしまうのだけれど、毎年私だけの「紫陽花名所」。どうしてみんな通りすぎてしまうのかなぁ。街の雰囲気ともピッタリ合って、とても美しい景色です。 見つけてもらうのを待っている子がいます。お家に帰れなくなるのも、施設が変わることも、里親さんの所へ行くのも、大人が決めます。大人が、通り過ぎて、通り過ぎて、子どもは見つけてもらえていない経験をします。安全も安心も信頼もできなくて、つい

不思議な夕焼け雲

不思議な夕焼け雲を見ました。見とれていると、すーっと流れていって夕焼け雲でなくなりました。 「不思議ちゃん」と呼ばれている子がいます。そうっと観察していると、静かで誰ともぶつかったりしません。問題を起こすこともありません。なんだかどこかズレていて、それがまた少しユーモラス。けど、どこか触れられないところがあって、つかみどころがない。困りごとがあるのも分かりにくいし、その子なりに楽しんでいるのも分か

Comments


bottom of page