top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

立夏 蛙始鳴


今日の朝刊の産経抄で素敵な言葉を見つけました。

「雑草とか雑木とか一口にいって片づけてしまう草や木にも、その一つ一つに名があり、物語が秘められています」

牧野富太郎博士の言葉だそうです。

失礼を承知で書き換えてみました。(失礼をお詫びします)

「自閉スペクトラム症とかADHDとか一口にいって片づけてしまう子どもたちにも、その一人一人に名があり、物語が秘められています」

心理療法では、一人一人の子どもたちの物語を紡いでいくお手伝いをします。そうすることで療育やSSTなどがより奏功すると思うのです。

最新記事

すべて表示

秘密の紫陽花名所

人も車も自転車も通り過ぎてしまうのだけれど、毎年私だけの「紫陽花名所」。どうしてみんな通りすぎてしまうのかなぁ。街の雰囲気ともピッタリ合って、とても美しい景色です。 見つけてもらうのを待っている子がいます。お家に帰れなくなるのも、施設が変わることも、里親さんの所へ行くのも、大人が決めます。大人が、通り過ぎて、通り過ぎて、子どもは見つけてもらえていない経験をします。安全も安心も信頼もできなくて、つい

不思議な夕焼け雲

不思議な夕焼け雲を見ました。見とれていると、すーっと流れていって夕焼け雲でなくなりました。 「不思議ちゃん」と呼ばれている子がいます。そうっと観察していると、静かで誰ともぶつかったりしません。問題を起こすこともありません。なんだかどこかズレていて、それがまた少しユーモラス。けど、どこか触れられないところがあって、つかみどころがない。困りごとがあるのも分かりにくいし、その子なりに楽しんでいるのも分か

Comments


bottom of page