top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

空が青いから白をえらんだのです


今朝の綺麗な朝焼けを見ていると、このただ1行の詩を思い出しました。

「空が青いから白をえらんだのです」奈良少年刑務所詩集(寮美千子 編)におさめられている詩です。この詩集からは子どもたちのお母さんを思う気持ち、優しい気持ち、やるせない気持ち、悔やむ気持ち、哀しみ、いろんな気持ちが伝わってきます。刑務所の先生方や仲間に抱えられ、理解され、支えられて、ゆっくりと心の奥深くにあった気持ちが言葉になっていくのが感じられます。子どもたちが犯罪を犯す前に、周りの大人に何かできることはないのだろうかと考えさせられます。

*奈良少年刑務所は2017年閉庁になり、2024年に資料館やホテルなどの複合施設としてリニューアル開業される予定だそうです。

最新記事

すべて表示

秘密の紫陽花名所

人も車も自転車も通り過ぎてしまうのだけれど、毎年私だけの「紫陽花名所」。どうしてみんな通りすぎてしまうのかなぁ。街の雰囲気ともピッタリ合って、とても美しい景色です。 見つけてもらうのを待っている子がいます。お家に帰れなくなるのも、施設が変わることも、里親さんの所へ行くのも、大人が決めます。大人が、通り過ぎて、通り過ぎて、子どもは見つけてもらえていない経験をします。安全も安心も信頼もできなくて、つい

Comments


bottom of page