top of page
検索
  • silayaoweb

秘密の紫陽花名所

人も車も自転車も通り過ぎてしまうのだけれど、毎年私だけの「紫陽花名所」。どうしてみんな通りすぎてしまうのかなぁ。街の雰囲気ともピッタリ合って、とても美しい景色です。


見つけてもらうのを待っている子がいます。お家に帰れなくなるのも、施設が変わることも、里親さんの所へ行くのも、大人が決めます。大人が、通り過ぎて、通り過ぎて、子どもは見つけてもらえていない経験をします。安全も安心も信頼もできなくて、ついヤンチャしてしまうこともあります。でも、そうやってコミュニケーションを取ろうとしているのです。子どもの精神分析的心理療法では、こういったコミュニケーションを扱います。

最新記事

すべて表示

小暑 温風至

暑さがだんだん強くなる頃だそうです。「既に激暑なんですけど」夏の熱を帯びた風が吹き始める頃だそうです。「とっくに吹いてますけど」 胡瓜が2本朝日に輝いていました。冷たい胡瓜が美味しい頃です。 ルール違反とか、正義でないとか、間違ってると思ったら、何かつい言うてしまう子がいます。その子なりの正義感からで、決して間違ったことを指摘しているわけではないのです。見過ごせないんです。どうしても。で、煩がれた

半夏生

半夏が咲く頃だそうです。この頃の雨を半夏雨といい、大雨になることがあるそうです。まさに朝からの大雨にバッタ君(キリギリス君かも)もSīlaのポストの上で雨宿り。どこから来たのか分からないけれど、雨が上がったら元気にお家に帰ってね。

Comentarios


bottom of page