top of page
検索
  • silayaoweb

白い子と黒い子

陽気に誘われて、白い子と黒い子がいましたよ。勿論、鴨たちもいました)白鷺と鵜かなぁと思っています。


今週過ごしたらゴールデンウィーク。新しいライフスタイルは馴染んできましたでしょうか。


小学校4年生から高校生の子どもたちには、皆んなと明るく楽しく交わりたくて「陰キャ止めて陽キャになろう」と挑戦する子がいます役員とか何かの実行委員を引き受けたり。「頑張ろう」と本当に本当に努力をします。そのうち、周りの人たち、先生も、(明るい元気な子)とみなして、同調圧力で益々頑張る…


本来の、元々自分の気持ちがなかなか話せない自分が悲鳴を上げてしまう…そんな子が時々います。


この一週間、頑張り過ぎてないかよく確認してくださいね。そして連休はゆっくり休んで、本来のあなたを取り戻してくださいね。白い子も黒い子も鴨もいて、いいのです。みんなそれぞれ、それを使うと楽に生きていけるオリジナルの力を持っています。「そんなの、どこ探しても見当たらないよ」と思うたら、どうぞ相談に来てくださいね。一緒に見つけましょう。

最新記事

すべて表示

あお〜🟦

気持ちの良い青空の朝でした。いつの間にか紫陽花が咲いていました。 みんなと集まって一つの花のようになっている紫陽花。ちょっと距離を取りつつ一つの花のようになっている紫陽花。紫陽花もいろいろ。でも、たった一つの花では紫陽花にはならない… なんか人間関係みたい…なんて考えていました。 紫陽花の花言葉は「移り気」だとか。これもまた人のこころのようです。瞬間、 瞬間、変化していくこころ(自分のも、他人のも

クジャクサボテン

中学校の前にクジャクサボテンの大輪の花が咲いていましたよ。花言葉は「幸せをつかむ」だそうです。 折しも中学生と高校生の皆さんは中間試験の頃でしょうか。自分の能力(キャパ)を知ることは、とても大切なことです。無理してしんどくならないために、自分のペースを守るために、自分に合ったものごとを見極めるために、などなど。けれども、それは現実と向き合うことでもあって、とてもこころの痛みを伴うものです。ましてや

小満 蚕起桑

草木が成長して、動植物に活気が溢れる時期だそうです。ヒルザキツキミソウが咲いていました。花言葉は「無言の愛」だそうです。 子どもたちが特にグッと成長する2,3歳頃と思春期。思わず、手を出したり、口を出したりしたくなった時、とても良い方法があります。どうしたら、どう言ったらの心配もありません。「え?そんなことで」と思われがちですが。「どうしたんかなぁ」「どうするかなぁ」「どうしているのかなぁ」と興味

Comments


bottom of page