top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

新月の朝に


ついこの間は、こんなお月さまでしたが、今朝は新月でお月さまが見えませんでした。お月さまの光がなかったからか、星たちがとてもクリアにたくさん見れました。

お月さまの光は熱冷ましだとか。本当かなぁと考えていると、怒るということを連想しました。子どもも大人も怒ることがいろんな理由でできない人がいます。反対に、ドッカーンと怒ってしまってコントロール不能の人もいます。正当な怒りは表現していいと思うのです。ただ、相手を傷つけることなく自分が怒っていることを伝えるのは至難の技です。子どもから大人になってゆくに従って、この技を身につけることができれば良いなと思います。

その前には、どういうことで怒れないのか、どういうことで怒るのを止められないのか、立ち止まって考えてみないといけませんね。いろんなことが複雑に絡み合って、とても痛みのある道のりになることが予測されます。

最新記事

すべて表示

七夕🎋

毎年雨で、こんなに晴れた七夕は久しぶり。天の川が氾濫しなかったので、織姫さまと彦星さまはきっと久しぶりに会えたのでしょう。 再会が苦手な子がいます。学校に行きたくない要因の一つです。忘れられてないかなぁ、この前会った時に言うたことを気にしてないかなぁ、どんな顔をしたらいいのかなぁ、何を言うたらいいのかなぁ、などなど。ある子は、お正月明けだけは大丈夫。「だって、あけましておめでとうって会った時の挨拶

小暑 温風至

暑さがだんだん強くなる頃だそうです。「既に激暑なんですけど」夏の熱を帯びた風が吹き始める頃だそうです。「とっくに吹いてますけど」 胡瓜が2本朝日に輝いていました。冷たい胡瓜が美味しい頃です。 ルール違反とか、正義でないとか、間違ってると思ったら、何かつい言うてしまう子がいます。その子なりの正義感からで、決して間違ったことを指摘しているわけではないのです。見過ごせないんです。どうしても。で、煩がれた

댓글


bottom of page