top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

年の瀬を感じて


街で赤い実と緑の葉を見ると、年の瀬を感じます。クリスマスの色ですし、新年を迎える色。

クリスマス、お正月と、街に聞こえる音楽に乗せられて、なんだかウキウキした気持ちになるものです。けれども、この時期は自分の家庭や家族に目が行くときでもあります。なんだか、他の家庭や家族と比べて、寂しくなったり、悲しくなったりすることもあるかもしれません。この時期の明るい楽しい雰囲気に隠れた、こういった気持ちを忘れてはいけないと思うのです。

最新記事

すべて表示

七夕🎋

毎年雨で、こんなに晴れた七夕は久しぶり。天の川が氾濫しなかったので、織姫さまと彦星さまはきっと久しぶりに会えたのでしょう。 再会が苦手な子がいます。学校に行きたくない要因の一つです。忘れられてないかなぁ、この前会った時に言うたことを気にしてないかなぁ、どんな顔をしたらいいのかなぁ、何を言うたらいいのかなぁ、などなど。ある子は、お正月明けだけは大丈夫。「だって、あけましておめでとうって会った時の挨拶

小暑 温風至

暑さがだんだん強くなる頃だそうです。「既に激暑なんですけど」夏の熱を帯びた風が吹き始める頃だそうです。「とっくに吹いてますけど」 胡瓜が2本朝日に輝いていました。冷たい胡瓜が美味しい頃です。 ルール違反とか、正義でないとか、間違ってると思ったら、何かつい言うてしまう子がいます。その子なりの正義感からで、決して間違ったことを指摘しているわけではないのです。見過ごせないんです。どうしても。で、煩がれた

Comments


bottom of page