top of page
検索
  • silayaoweb

小満 蚕起桑

草木が成長して、動植物に活気が溢れる時期だそうです。ヒルザキツキミソウが咲いていました。花言葉は「無言の愛」だそうです。


子どもたちが特にグッと成長する2,3歳頃と思春期。思わず、手を出したり、口を出したりしたくなった時、とても良い方法があります。どうしたら、どう言ったらの心配もありません。「え?そんなことで」と思われがちですが。「どうしたんかなぁ」「どうするかなぁ」「どうしているのかなぁ」と興味を持って「無言の愛」の眼差しを向けてみてください。さて、何が見えてくるでしょうか。

最新記事

すべて表示

秘密の紫陽花名所

人も車も自転車も通り過ぎてしまうのだけれど、毎年私だけの「紫陽花名所」。どうしてみんな通りすぎてしまうのかなぁ。街の雰囲気ともピッタリ合って、とても美しい景色です。 見つけてもらうのを待っている子がいます。お家に帰れなくなるのも、施設が変わることも、里親さんの所へ行くのも、大人が決めます。大人が、通り過ぎて、通り過ぎて、子どもは見つけてもらえていない経験をします。安全も安心も信頼もできなくて、つい

不思議な夕焼け雲

不思議な夕焼け雲を見ました。見とれていると、すーっと流れていって夕焼け雲でなくなりました。 「不思議ちゃん」と呼ばれている子がいます。そうっと観察していると、静かで誰ともぶつかったりしません。問題を起こすこともありません。なんだかどこかズレていて、それがまた少しユーモラス。けど、どこか触れられないところがあって、つかみどころがない。困りごとがあるのも分かりにくいし、その子なりに楽しんでいるのも分か

Comments


bottom of page