top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

子どもの気持ちが分からない


梅雨が明けて、朝の真っ青な空を見ていて、「そうそう」と思ったことがあります。

「話してくれない」「気持ちが分からない」「何を考えているのか分からない」と、よく聞きます。でも実は、子どもが何歳になっても、することは同じ。年齢が上がるほど、問題は大きく複雑にはなりますが。それと、これが大事なのですが、答えがあるわけではないのですが。お母さんは言葉を持たない生まれたての赤ちゃんが泣くと、「どうチタンですか?」とか言いながら考えますよね。お腹が空いたのか、おしっこかうんちでオムツが濡れているのか、眠いのか。そして「お腹が空いていたんだね」「オムツが気持ち悪かったんだね。さっぱりしたね」「眠いのね」とか優しく声をかけながらお世話をします。今日のような暑い日には、ちょっと団扇で仰ぎながら「暑かったのね。涼しいね〜」ということもあるかもしれません。基本的に大きくなっても同じことをしてみてください。話してくれなくても、言葉を持たない赤ちゃんのように。「どうしたの?」「別に」「怒ってるみたいだから」ここで終わり。もし話してくれたら、特に思春期の子どもには「(興味を持った)ふ〜ん」。答えも解決策も正論も気の利いた言葉も要らないのが、子どもの心を開きます。そうするうちに大人になっても話してみようかなぁと思えるようになるように。そしたら、辛いことがあっても、もうちょっと頑張ってみよう、ダメだったら話を聞いてもらえるからって思えるような人になるように。

最新記事

すべて表示

紅花栄

紅花が咲きほこる時期だそうです。 紅花の花言葉は「愛する力」だそうで、源氏物語の末摘花に由来しているそうです。 今日は、格好良く飛んでいる燕を見ていたら、ウグイスの声が聞こえた朝でした。春から初夏へ季節の変わり目を感じます。 子どもたちの成長の変わり目、乳児さんから幼児さんの2歳から3歳、子どもから大人への思春期。子どもたちは大混乱の中にいます。これまでの自分とのお別れと自立を行ったり来たりしなが

あお〜🟦

気持ちの良い青空の朝でした。いつの間にか紫陽花が咲いていました。 みんなと集まって一つの花のようになっている紫陽花。ちょっと距離を取りつつ一つの花のようになっている紫陽花。紫陽花もいろいろ。でも、たった一つの花では紫陽花にはならない… なんか人間関係みたい…なんて考えていました。 紫陽花の花言葉は「移り気」だとか。これもまた人のこころのようです。瞬間、 瞬間、変化していくこころ(自分のも、他人のも

クジャクサボテン

中学校の前にクジャクサボテンの大輪の花が咲いていましたよ。花言葉は「幸せをつかむ」だそうです。 折しも中学生と高校生の皆さんは中間試験の頃でしょうか。自分の能力(キャパ)を知ることは、とても大切なことです。無理してしんどくならないために、自分のペースを守るために、自分に合ったものごとを見極めるために、などなど。けれども、それは現実と向き合うことでもあって、とてもこころの痛みを伴うものです。ましてや

Comentarios


bottom of page