top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

子どもの日🎏


全ての子どもたちに幸せを、子どもたちに懸命に関わっておられる方に感謝を。

大人は時に、ありのままの子どもたちを尊重することが難しいことがあります。子どもたちは「正論」と「あなたのために…」を嫌うことがあります。何が起きているのでしょうか。子どもたちに聞いても「何ででもやもん」。とても難しいことですが、大人が自分の心の声に耳を傾けることが必要になってきます。答えは出なくてもいいのです。ただ見つめる考える作業が重要なのです。そして、その前に、毎日の一緒に泣いたり、笑ったり、怒ったりする経験の積み重ねが大切です。

最新記事

すべて表示

小暑 温風至

暑さがだんだん強くなる頃だそうです。「既に激暑なんですけど」夏の熱を帯びた風が吹き始める頃だそうです。「とっくに吹いてますけど」 胡瓜が2本朝日に輝いていました。冷たい胡瓜が美味しい頃です。 ルール違反とか、正義でないとか、間違ってると思ったら、何かつい言うてしまう子がいます。その子なりの正義感からで、決して間違ったことを指摘しているわけではないのです。見過ごせないんです。どうしても。で、煩がれた

半夏生

半夏が咲く頃だそうです。この頃の雨を半夏雨といい、大雨になることがあるそうです。まさに朝からの大雨にバッタ君(キリギリス君かも)もSīlaのポストの上で雨宿り。どこから来たのか分からないけれど、雨が上がったら元気にお家に帰ってね。

Comments


bottom of page