top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

大雪 閉塞成冬


気温がグッと下がり師走らしい気候になりました。空も冬将軍の到来を思わせるような力強さと迫力を感じます。山里だけでなく市街地にも雪が降る日が近いのでしょうか。雲が空を塞ぐように広がって真冬の天気になる頃なのだそうです。

心も心配ごとや困りごとが広がって真冬のように冷たくなって、温かい気持ちになれなくなってしまうことがあります。閉塞して冷たくなった心では、良いことを考えることができません。どうしたらいいのでしょうか。心の温活はどのようにしたらいいのでしょうか。

人は幼い子どもの時から自分なりの心の温活方法を持っています。瞬間湯沸かし器のようにカッと熱くなる人もいたり、ずっと冷たくなったまま固まってしまったようになる人もいたり。みんなそれぞれです。最初はその方法でうまくいっていたのが、人生の節目節目で、その方法が使えなくなって行き詰まってしまうのです。そんな時は、もがくほど深く沈んでしまうことが多いので、そっと立ち止まって自分の人生のことを考えてみる良い機会になります。危機はチャンスでもあるのです。心理療法では、危機をチャンスに変えるお手伝いをします。

最新記事

すべて表示

紅花栄

紅花が咲きほこる時期だそうです。 紅花の花言葉は「愛する力」だそうで、源氏物語の末摘花に由来しているそうです。 今日は、格好良く飛んでいる燕を見ていたら、ウグイスの声が聞こえた朝でした。春から初夏へ季節の変わり目を感じます。 子どもたちの成長の変わり目、乳児さんから幼児さんの2歳から3歳、子どもから大人への思春期。子どもたちは大混乱の中にいます。これまでの自分とのお別れと自立を行ったり来たりしなが

あお〜🟦

気持ちの良い青空の朝でした。いつの間にか紫陽花が咲いていました。 みんなと集まって一つの花のようになっている紫陽花。ちょっと距離を取りつつ一つの花のようになっている紫陽花。紫陽花もいろいろ。でも、たった一つの花では紫陽花にはならない… なんか人間関係みたい…なんて考えていました。 紫陽花の花言葉は「移り気」だとか。これもまた人のこころのようです。瞬間、 瞬間、変化していくこころ(自分のも、他人のも

クジャクサボテン

中学校の前にクジャクサボテンの大輪の花が咲いていましたよ。花言葉は「幸せをつかむ」だそうです。 折しも中学生と高校生の皆さんは中間試験の頃でしょうか。自分の能力(キャパ)を知ることは、とても大切なことです。無理してしんどくならないために、自分のペースを守るために、自分に合ったものごとを見極めるために、などなど。けれども、それは現実と向き合うことでもあって、とてもこころの痛みを伴うものです。ましてや

Comments


bottom of page