top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

プールの季節


今日から7月。そろそろ、園や学校ではプールが始まります。子どもはプールが大好き、水遊びが大好きと考えがちです。ところが、そうではない子も少なからずいます。

思春期になれば、体型を気にしてプールの授業は嫌だという子どももいます。

幼い子どもでも、顔が濡れるのが嫌でプールをいやがる場合があります。

以前ある子が教えてくれました。水遊びも大好きで泳ぐのもとても上手な子でした。でも、どうしてもプール授業やスイミングスクールが嫌だと言い張ります。お話ししていく中で、その子は自由に泳ぎたいのだと、人から言われた通りに泳がないといけないのは嫌なのだと話してくれました。

同じようなことがプールでなくても起きたりします。また別の子は、どうしても給食着を着たくないと言います。周りは我儘だ、頑固者だと思っていました。お話ししている中で、その子が教えてくれました。給食着の手首のところのゴムが気持ち悪いのだと。何のことはない、給食着のゴムをみんな外すと、その子は給食着を着ることができました。

色々その子どもなりの事情があるのです。

最新記事

すべて表示

白い子と黒い子

陽気に誘われて、白い子と黒い子がいましたよ。勿論、鴨たちもいました)白鷺と鵜かなぁと思っています。 今週過ごしたらゴールデンウィーク。新しいライフスタイルは馴染んできましたでしょうか。 小学校4年生から高校生の子どもたちには、皆んなと明るく楽しく交わりたくて「陰キャ止めて陽キャになろう」と挑戦する子がいます役員とか何かの実行委員を引き受けたり。「頑張ろう」と本当に本当に努力をします。そのうち、周り

白い花もいろいろ

スズラン、ヒラドツツジ、シシリンチウム、リンゴ 小さくて下を向いていたり、大きくパッとさいていたり、たくさんの仲間とたわわに咲いていたり、少しの仲間と咲いていたり、いろいろ。印象も違うけれど、どれもとても綺麗で、それぞれ目を惹きます。 新年度が始まって3週間、学校が始まって2週間。まだまだ慣れるのに大変です。「置かれたところで自分の花を咲かせよう」とは、よく言われますが、なかなか大変です。特に、い

虹始見

雨上がりに虹が見え始める頃だそうです。今日は薄曇りでも虹は見えそうにないですが… 東京と大阪の気象観測台での目視での観測が終了したそうです。それにより、薄曇り、ひょう、あられ、黄砂、にじなどの観測も終了したそうです…なんだか寂しいです。 ところで、どうして人は虹を見ると嬉しくなるのでしょうか。とても幸せな気持ちになるのはなぜでしょうか。子どもの描画に虹が現れると希望が見えるように感じます。 精神分

Comments


bottom of page