top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

ヒルザキツキミソウ


なんて素敵な名前の花なんでしょう。最近のお月さまは、早朝出てお昼には南中します。お月さまを見ようとして、月の出に合わせて咲いているのですね。

ヒルザキツキミソウがただ咲いているように見えて、そこには大事な意味があるように、子どもの遊びと語りにも大事な意味があります。時には、あまりにも強烈すぎて受け入れ難いこともありますが、それだけその子は自分の思いを分かってもらいたいと願っているのです。

最新記事

すべて表示

小暑 温風至

暑さがだんだん強くなる頃だそうです。「既に激暑なんですけど」夏の熱を帯びた風が吹き始める頃だそうです。「とっくに吹いてますけど」 胡瓜が2本朝日に輝いていました。冷たい胡瓜が美味しい頃です。 ルール違反とか、正義でないとか、間違ってると思ったら、何かつい言うてしまう子がいます。その子なりの正義感からで、決して間違ったことを指摘しているわけではないのです。見過ごせないんです。どうしても。で、煩がれた

半夏生

半夏が咲く頃だそうです。この頃の雨を半夏雨といい、大雨になることがあるそうです。まさに朝からの大雨にバッタ君(キリギリス君かも)もSīlaのポストの上で雨宿り。どこから来たのか分からないけれど、雨が上がったら元気にお家に帰ってね。

コメント


bottom of page