top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

チェリーセージ


花言葉は「燃ゆる思い」とか「知恵」だそうです。小さいけれど情熱的な花なのです。

子どもたち拝復、明日からいよいよ本格的に学校園が始まります。「行きたくないなぁ」って思っている子、いうている子もいることでしょう。子どもたちは、訳を聞いても何でだか分かりません。周りの大人は困ってしまいます。イジメや勉強の困難と色々考えられることもあります…こんな時、どうやら子どもたちは真剣に死ぬかと思うくらい怖いようです。問いただしたり、怒ったりしないでくださいね。苦しい気持ちを聞いてあげてください。勉強したくないのかと考えがちですが、そうではないことも多いです。死ぬかと思うくらい怖い気持ちを分かってあげて欲しいのです。「燃ゆる思い」を注ぐことのできることを一緒に見つけてください。「知恵」のある子だからこそ、色んなことを感じ取って辛くなっているのです。「知恵」を信じてあげてください。とは言え長い道のりにな可能性かありますので、保護者の方は不安な気持ちを話す場所が必要かもしれません。

最新記事

すべて表示

あお〜🟦

気持ちの良い青空の朝でした。いつの間にか紫陽花が咲いていました。 みんなと集まって一つの花のようになっている紫陽花。ちょっと距離を取りつつ一つの花のようになっている紫陽花。紫陽花もいろいろ。でも、たった一つの花では紫陽花にはならない… なんか人間関係みたい…なんて考えていました。 紫陽花の花言葉は「移り気」だとか。これもまた人のこころのようです。瞬間、 瞬間、変化していくこころ(自分のも、他人のも

クジャクサボテン

中学校の前にクジャクサボテンの大輪の花が咲いていましたよ。花言葉は「幸せをつかむ」だそうです。 折しも中学生と高校生の皆さんは中間試験の頃でしょうか。自分の能力(キャパ)を知ることは、とても大切なことです。無理してしんどくならないために、自分のペースを守るために、自分に合ったものごとを見極めるために、などなど。けれども、それは現実と向き合うことでもあって、とてもこころの痛みを伴うものです。ましてや

小満 蚕起桑

草木が成長して、動植物に活気が溢れる時期だそうです。ヒルザキツキミソウが咲いていました。花言葉は「無言の愛」だそうです。 子どもたちが特にグッと成長する2,3歳頃と思春期。思わず、手を出したり、口を出したりしたくなった時、とても良い方法があります。どうしたら、どう言ったらの心配もありません。「え?そんなことで」と思われがちですが。「どうしたんかなぁ」「どうするかなぁ」「どうしているのかなぁ」と興味

Comments


bottom of page