top of page
検索
  • silayaoweb

スイカズラ



繊細な見た目の花ですが、花言葉は「愛の絆」だそうで、何か強いしっかりしたものを感じます。


ここ数年コロナ禍の影響で中止または縮小されていた学校行事がフル開催されるようになりました。折しも、運動会(体育大会)目前の子どもたちもいることでしょう。中には圧倒されるような経験をして参加したくないと言う子どもたちもいるかもしれません。存外に年かさの子どもたちに多いかもしれません。周りの大人は、もう大きいのに何で?ってなるかもしれませんが、これまでフル開催の学校行事に「だんだんに」慣れることができなかったことが影響していると思われます。行事自体が嫌いというより、人間関係がしんどいのです。今年は特に、「愛の絆」を緩めることなく、注意深く援助して支える必要があるかもしれません。

最新記事

すべて表示

秘密の紫陽花名所

人も車も自転車も通り過ぎてしまうのだけれど、毎年私だけの「紫陽花名所」。どうしてみんな通りすぎてしまうのかなぁ。街の雰囲気ともピッタリ合って、とても美しい景色です。 見つけてもらうのを待っている子がいます。お家に帰れなくなるのも、施設が変わることも、里親さんの所へ行くのも、大人が決めます。大人が、通り過ぎて、通り過ぎて、子どもは見つけてもらえていない経験をします。安全も安心も信頼もできなくて、つい

不思議な夕焼け雲

不思議な夕焼け雲を見ました。見とれていると、すーっと流れていって夕焼け雲でなくなりました。 「不思議ちゃん」と呼ばれている子がいます。そうっと観察していると、静かで誰ともぶつかったりしません。問題を起こすこともありません。なんだかどこかズレていて、それがまた少しユーモラス。けど、どこか触れられないところがあって、つかみどころがない。困りごとがあるのも分かりにくいし、その子なりに楽しんでいるのも分か

Commenti


bottom of page