top of page
検索
  • silayaoweb

シモツケの花

シモツケの花が咲いていました。花言葉は、白いのが「努力」、ピンクが「愛」だそうです。


シモツケの小さな花が集まった様子を見ていると、小学校に上がりたての一年生さんたちを思い出しました。どこか皆、心細そうな、頑張ってそうな、必死そうな、そんなお顔をしていました。1学期も、もう後半。学校生活には慣れたでしょうか。もうそろそろプールも始まっていることでしょうか。ひょっとして、保護者の方々も、子どもたちと同じようなお顔をされているのかもしれません。「努力」は「愛」を必要としています。特に気の利いたことを言う必要はありません。子どもたちは、見ていてもらうだけで充分。「先生、見て〜!」子どもたちの声を思い出しました。今でも「見て〜」って声をかけてもらうことがあります。

最新記事

すべて表示

小暑 温風至

暑さがだんだん強くなる頃だそうです。「既に激暑なんですけど」夏の熱を帯びた風が吹き始める頃だそうです。「とっくに吹いてますけど」 胡瓜が2本朝日に輝いていました。冷たい胡瓜が美味しい頃です。 ルール違反とか、正義でないとか、間違ってると思ったら、何かつい言うてしまう子がいます。その子なりの正義感からで、決して間違ったことを指摘しているわけではないのです。見過ごせないんです。どうしても。で、煩がれた

半夏生

半夏が咲く頃だそうです。この頃の雨を半夏雨といい、大雨になることがあるそうです。まさに朝からの大雨にバッタ君(キリギリス君かも)もSīlaのポストの上で雨宿り。どこから来たのか分からないけれど、雨が上がったら元気にお家に帰ってね。

Comments


bottom of page