top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

サボっているとしか言いようがない


寒い朝、お地蔵様の横で一輪の黄色い花が咲いていました。上をむいて誇らしげです。

ふっと「サボっているとしか言いようがない」という言葉を思い出しました。

随分前に、学校に足が向かなくなった高校生が理由を聞かれて言った言葉です。

高校生が学校に出席できないことは死活問題です。最悪、留年や退学まで考えないといけなくなります。切羽詰まった両親が理由を聞いたというわけです。この言葉を聞いたら、両親でなくても、大人は「なんでや!」となってしまいがちです。

本人の話を詳しく聞くと、とても情熱をかけてしていることがあり、それはプロを目指しているのかと思うほどの情熱の入れようでした。そのため、学校に行くよりも、そのことを優先したいのだということでした。文字通り「サボっている」わけではなかったのです。ただ、その子は言葉に困り「サボっている」という言葉を使い説明不足で誤解されたようでした。

言葉に困って、短略的に短いありふれた言葉を発してしまい誤解される子どもがいます。年少の子どもはもとより、大人に近くなった子どもでもそうです。天邪鬼なところが邪魔している場合もあります。説明することが苦手な場合もあります。そもそも説明する必要に気がついてないこともあります。自分が知っていることは相手も知っていると思い込んでいる場合もあります。気持ちを汲みながら、ゆっくりお話を聞いてみないとわからないものです。

最新記事

すべて表示

白い子と黒い子

陽気に誘われて、白い子と黒い子がいましたよ。勿論、鴨たちもいました)白鷺と鵜かなぁと思っています。 今週過ごしたらゴールデンウィーク。新しいライフスタイルは馴染んできましたでしょうか。 小学校4年生から高校生の子どもたちには、皆んなと明るく楽しく交わりたくて「陰キャ止めて陽キャになろう」と挑戦する子がいます役員とか何かの実行委員を引き受けたり。「頑張ろう」と本当に本当に努力をします。そのうち、周り

白い花もいろいろ

スズラン、ヒラドツツジ、シシリンチウム、リンゴ 小さくて下を向いていたり、大きくパッとさいていたり、たくさんの仲間とたわわに咲いていたり、少しの仲間と咲いていたり、いろいろ。印象も違うけれど、どれもとても綺麗で、それぞれ目を惹きます。 新年度が始まって3週間、学校が始まって2週間。まだまだ慣れるのに大変です。「置かれたところで自分の花を咲かせよう」とは、よく言われますが、なかなか大変です。特に、い

虹始見

雨上がりに虹が見え始める頃だそうです。今日は薄曇りでも虹は見えそうにないですが… 東京と大阪の気象観測台での目視での観測が終了したそうです。それにより、薄曇り、ひょう、あられ、黄砂、にじなどの観測も終了したそうです…なんだか寂しいです。 ところで、どうして人は虹を見ると嬉しくなるのでしょうか。とても幸せな気持ちになるのはなぜでしょうか。子どもの描画に虹が現れると希望が見えるように感じます。 精神分

Comments


bottom of page