top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

イーブイの日


今日はイーブイの日だとか。

イーブイは厳しい環境に対応するために、進化の時に姿と能力が変わるんですね。

人と同じですね。

子どもも、大人も、環境に対応するために姿と能力を変えます。

例えば、どんな服装をするのかというのも心を反映しています。どんな風に人と対応するのかというのも心を反映しています。困った時に、どのように対応するのかも人によって違います。その対応の仕方が、その人らしさになっていたり、性格のようになっていたり。

幼い赤ん坊でも、注意深く観察していると、環境に対応するために泣くだけでなく手足を動かしたりして姿を変えています。集中していたかと思うと、ちょっとよそ見をしたり眠くなったり能力を変えています。

こういった今までしてきた対応方法が上手くいかなくなると、子どもも大人も困り果てて、どうしたらいか分からなくなります。そもそも、自分がどのように姿を変え能力を変えてきたか、気づかないでいることも多いですから、それはそれは大変なことになります。心理療法では、子どもも大人も、こういったことを探索していきます。

最新記事

すべて表示

紅花栄

紅花が咲きほこる時期だそうです。 紅花の花言葉は「愛する力」だそうで、源氏物語の末摘花に由来しているそうです。 今日は、格好良く飛んでいる燕を見ていたら、ウグイスの声が聞こえた朝でした。春から初夏へ季節の変わり目を感じます。 子どもたちの成長の変わり目、乳児さんから幼児さんの2歳から3歳、子どもから大人への思春期。子どもたちは大混乱の中にいます。これまでの自分とのお別れと自立を行ったり来たりしなが

あお〜🟦

気持ちの良い青空の朝でした。いつの間にか紫陽花が咲いていました。 みんなと集まって一つの花のようになっている紫陽花。ちょっと距離を取りつつ一つの花のようになっている紫陽花。紫陽花もいろいろ。でも、たった一つの花では紫陽花にはならない… なんか人間関係みたい…なんて考えていました。 紫陽花の花言葉は「移り気」だとか。これもまた人のこころのようです。瞬間、 瞬間、変化していくこころ(自分のも、他人のも

クジャクサボテン

中学校の前にクジャクサボテンの大輪の花が咲いていましたよ。花言葉は「幸せをつかむ」だそうです。 折しも中学生と高校生の皆さんは中間試験の頃でしょうか。自分の能力(キャパ)を知ることは、とても大切なことです。無理してしんどくならないために、自分のペースを守るために、自分に合ったものごとを見極めるために、などなど。けれども、それは現実と向き合うことでもあって、とてもこころの痛みを伴うものです。ましてや

Comments


bottom of page