top of page
検索
  • silayaoweb

ちゃん 丹治計二作 産経新聞朝の詩2024.06.09

ちゃん


とおちゃんと


かあちゃんの声が


聞こえる


ちゃんとしろ


ちやんとは


しっかりときっちりと


ということだ


ぬねくね なよなよは


途中のこと


最後には ちゃんと


責任を取れと言うのだ


誰も助けては


くれないが


ちゃんはいるのだ


(ちゃん 丹治計二作 産経新聞朝の詩2024.06.09)



とおちゃんの声もかあちゃんの声も聞こえない子がいます。とうちゃんの声もかあちゃんの声も聞こえたら恐ろしくなる子がいます。でもね、「ちゃん」と生きようって「ちゃん」だけは一緒にいてくれるんですよね。そんなことを教えてくれた詩です。「ちゃん」はいつも一緒。

最新記事

すべて表示

小暑 温風至

暑さがだんだん強くなる頃だそうです。「既に激暑なんですけど」夏の熱を帯びた風が吹き始める頃だそうです。「とっくに吹いてますけど」 胡瓜が2本朝日に輝いていました。冷たい胡瓜が美味しい頃です。 ルール違反とか、正義でないとか、間違ってると思ったら、何かつい言うてしまう子がいます。その子なりの正義感からで、決して間違ったことを指摘しているわけではないのです。見過ごせないんです。どうしても。で、煩がれた

半夏生

半夏が咲く頃だそうです。この頃の雨を半夏雨といい、大雨になることがあるそうです。まさに朝からの大雨にバッタ君(キリギリス君かも)もSīlaのポストの上で雨宿り。どこから来たのか分からないけれど、雨が上がったら元気にお家に帰ってね。

Comments


bottom of page