top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

お久しぶりと初めまして、そしてさようなら


今朝はお久しぶりの子と初めましての子に出会いました。

お久しぶりの子は随分と大きくなっていました。

初めましての子は、楽しそうに流れの中であちらへこちらへ泳いでいました。

今までどこにいたのでしょうか。鷺たちにも食べられず、大きな鯉たちに囲まれて小突かれても頑張っています。

出会いと、お別れと、再会が苦手な子どもがいます。だから、たいてい、節目に幼稚園や学校に行きなくないなぁなど、しんどくなってしまうことがあります。


最新記事

すべて表示

秘密の紫陽花名所

人も車も自転車も通り過ぎてしまうのだけれど、毎年私だけの「紫陽花名所」。どうしてみんな通りすぎてしまうのかなぁ。街の雰囲気ともピッタリ合って、とても美しい景色です。 見つけてもらうのを待っている子がいます。お家に帰れなくなるのも、施設が変わることも、里親さんの所へ行くのも、大人が決めます。大人が、通り過ぎて、通り過ぎて、子どもは見つけてもらえていない経験をします。安全も安心も信頼もできなくて、つい

تعليقات


bottom of page