top of page
検索
  • 執筆者の写真村田りか

「なんででもやもん」


トラブルがあって事情を聞こうとすると、子どもたちがよく「なんででもやもん(大阪弁)」と言います。あるいは、何も答えず黙っていることがあります。中には、雄弁に立板に水を流すように話す子どももいるのですが。

話してくれないと大人は困ります。子どもは、そう言うことで、言葉にならない胸の内を分かってもらいたい、分かってくれる人がいるはずだと伝えているのかもしれません。

外国の話か、遠い昔にあった出来事のように思っていたことが起きて、新聞やニュースを賑わせています。「言葉になりません」。人が生きていけるように、こころはうまくできています。それでも、こころは怖いなという思いがよぎる出来事です。

最新記事

すべて表示

七夕🎋

毎年雨で、こんなに晴れた七夕は久しぶり。天の川が氾濫しなかったので、織姫さまと彦星さまはきっと久しぶりに会えたのでしょう。 再会が苦手な子がいます。学校に行きたくない要因の一つです。忘れられてないかなぁ、この前会った時に言うたことを気にしてないかなぁ、どんな顔をしたらいいのかなぁ、何を言うたらいいのかなぁ、などなど。ある子は、お正月明けだけは大丈夫。「だって、あけましておめでとうって会った時の挨拶

小暑 温風至

暑さがだんだん強くなる頃だそうです。「既に激暑なんですけど」夏の熱を帯びた風が吹き始める頃だそうです。「とっくに吹いてますけど」 胡瓜が2本朝日に輝いていました。冷たい胡瓜が美味しい頃です。 ルール違反とか、正義でないとか、間違ってると思ったら、何かつい言うてしまう子がいます。その子なりの正義感からで、決して間違ったことを指摘しているわけではないのです。見過ごせないんです。どうしても。で、煩がれた

Comentarios


bottom of page